ファッションという商品について

ファッションについてチェックしておきたい5つのTips

こんばんはニコニコ

ファッションカウンセラー佐々木恭子です。

 

 

カウンセリングメニューは

お問い合わせは

 

 

私、ダイエットが嫌いですグラサン

なぜかって、食べ物を制限するのが苦手だから…。

食べることが大好きなので、

錠剤で済ませるとか

ダイエットドリンクで済ませるとか無理ですビックリマーク

 

 

こちらは、我が家の朝食。毎朝、もちもちパンを手づくりしてますよ。

 

お口から美味しい食べ物を

しっかりと摂りたいのです。

目で「美味しそう」と感じ、

鼻でしっかりと食欲をそそられ、

「あ~ん。」「ぱくっ。」「もぐもぐ。」「ごっくん。」おねがいドキドキ

 

 

その全ての過程を心から楽しんでいるので、

食事制限は敵ですえー

 

 

おまけに、スケートやバレエと

体を動かすのが日常の私は、

とにかくしっかりお腹が空くので、

食べる日常をこよなく愛していますラブラブラブラブ

 

 

美容室に行った帰り。

 

そんな私も45歳を過ぎてから、

少しずつ体重が増えています。

筋肉量も増えているので体重は当然増えますが、

たぶん、脂肪も、もれなく増えていますえー

 

 

でも、ダイエットはしない。

体重を減らさない。

 

 

以前の私は、献血を断られるほどに痩せていました。

その頃は、よく風邪を引き寝込んでいました。

喉が腫れて、高熱を出していたっけ。

 

 

ところが、体重が増えてから

風邪を引かなくなりました。

引いたかな?と思っても

少し鼻をすする程度。

次の日には、なんともないキラキラ

 

 

代謝も良い!

夏は、氷のリンクの上を

半袖で練習しています。

だって、暑い~。

 

 

だから、今のままで良いのです!

 

 

 

大人の女性に体型の変化はつきもの。

特にたくさん食べたつもりがなくても

なぜか太ったというお話を聞きますあせる

 

 

私のお客様にも

「体重は増えたけど、ダイエットは無理、したくない。」

という方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

ダイエット!

したくなきゃ、しなくて良いです。

 

 

こちらの2枚のお写真をご覧ください。

 

  A

 

 B

 

AとBでは、どちらが痩せて見えますか?

 

答えはハッキリしています。Bですねラブ

しかも、脚が長~い!!!

 

 

Aは、私のサロンにいらした時の私服。

 

Bは、上下ともサロンの服を着ていただきました。

 

(掲載については、お客様のご了解を得ています)

Aのトップスは、いわゆるチュニック。

お腹周りやお尻などの欠点を隠すために

着る人が多いのではないかしら?

それなのに、実は、残念ながら太く見えてしまうのですあせる

 

 

Bは、私の骨格スタイル分析を受けていただいた後、

骨格タイプに合った、洋服を着ていただきました。

隠したいと思っているお腹やお尻が、

実は目立たないのは、こちらなのですキラキラキラキラ

 

 

服の違いで、こんなに痩せてみえるのですよ。

痩せたくなくなりますよねウインクグッド!

 

 

骨格タイプに合った服を着ると、

「似合う」だけでなく、着やせしてみえちゃいます。

やせてみえるということは、

若々しく
みえることでもあるのです。

 

 

こちらのお客様は、骨格何タイプだと思いますか?

でお勉強していただくと、

答えが分かるかも?

 

 

この続きは、明日にしますね!

 

 

今日の復習。

 

骨格タイプに合った服を着ると痩せて見える。ラブ

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございましたウインク

また、明日お会いしましょう。ラブラブ

 

★パーソナルコーディネート診断(簡易版) 付きお茶会

 

日時:9月9日(土) 10:00~12:00

場所:ARUCAMO cafe

        札幌市中央区南1条西2丁目18

    IKEUTI GATE 2F

参加費:2000円(当日のご飲食はご負担ください。)

定員:3名

お申込み詳細は →  

 

 

 

★自分に「似合う」、「なりたい私」を見つけるワークショップ

自分に「似合う」をみつけて、「なりたい私」を実現する

ワークショップを企画しています。

 

「『なりたい私』発見ワークショップ」キラキラキラキラ

 

日時: 8月30日(水)10:00~13:00

場所: SAKURA-S1

札幌市中央区南1条西1丁目1-2 丸美ビル3

自分発の主体的「おしゃれ」を目指しませんかはてなマーク
 

詳しくは→ 

 

 あなたの こんがらかったおしゃれの悩み

 寄り添い、解決します! 

 心、スッキリひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

 自信に溢れたあなたに  ラブ  

 カウンセリングメニューは→

 お問い合わせは→

 

 

 

 

 

 

ファッションの中に含まれる共依存的なイメージが私は苦手だ

こんばんは




初めましての方も
いつも見て下さっている方も
ご訪問頂きありがとうございます
読者登録やいいねも本当に嬉しいです



今日は数週間前に購入した
ZARAの靴からコーデを考えました
★トップス→NOWiSTYLE
★ボトムス→しまむら
★靴→ZARANEW
★バッグ→オトナミューズ付録
2週間ほど前に
SALE品狙いでZARAへ行った際に
即決してしまったオックスフォードシューズ



着画では分かりづらいと思いますが、

タッセルにゴールドのスタッズが
付いているところや厚みのあるソールが
どストライクでSALE対象にも関わらず
購入してしまいました笑い泣き


画像はおかりしました




しかもこのタッセルは
紐に通してあるだけなので
簡単に取り外しが出来る2Wayタイプ
本当に2Wayという言葉に弱いな…私…

スニーカー感覚で使える
シンプルなオックスフォードにもなるところも
購入の決め手でした

シルバーの靴は何足か持っていますが、

グレーのようなイメージで使うと
意外と取り入れやすいので
オススメですウインク



秋冬にはタイツをプラスして
プリーツスカートなどにも
合わせてみたいな〜と思っていますが
今日はアンクル丈のスキニーパンツで
すっきりとさせてみました



去年しまむらで購入した
涼しい素材を使ったパンツなので
(名前は忘れました…)
スキニーでも穿き心地は抜群
涼しさは?という感じですが←失礼な奴
肌にくっつかないことを考えると
やっぱり何か特別な素材を使っているのかな
…という気がしますうーん
そしてトップスは
バルーンスリーブブラウスを

ハードな印象の靴と

甘めのブラウスを合わせて
自分らしさを出してみました
このブラウスは
気になる二の腕やポッコリお腹、
そして気になるお尻など体型カバーに最適



上半身にたっぷりとボリュームがあるので
下半身が細く見える気がします



ベージュも持っているお気に入りです

アクセサリーは…

★ピアス→Lattice
★時計→父のおさがり
★サングラス→UNIQLO 
靴や服に合わせて
シルバー×ホワイトの物を選びました
ちなみにバッグはこの色の組み合わせと同じ
オトナミューズの付録バッグでした   
昨日に続き
今日も上下ホワイトコーデ

昨日は靴とバッグをグレーに、

今日はシルバーで統一しましたが
アイテムの系統は違うことを考慮しても
シルバーの方がカジュアルな印象に
なる気がしますウシシ
そんな今日のコーデでした



そして昨晩、
お買い物マラソンで滑り込みポチしたもの



「次に買うならブラック」と宣言した通り、
ローヒールパンプスのスエード調の
ブラックを購入しました



まだまだ当分アミアミは無理だなと
昨日のコーデで実感したので
もう少しこのローヒールパンプスの
お世話になろうと思いますにやり



旧タイプを含めてこれで5足目です

そしてその一方で買い損ねたもの…

ゴールドとパイソンで迷い、

やっぱりゴールドや!さと思ったら
マイサイズが品切れしてました笑い泣き



でも一度この色!と思ってしまったら
もう他の色や柄に戻る気になれず、
こういう時には縁がなかったと
思うことにしています



そして‼︎



めちゃくちゃ好みで欲しいけれど
私には似合わないやろうと諦めたもの…

このワンピース、
まさに
ラブどストライクラブ
でも、
着回しは難しそうだし
小物だけで雰囲気を変えるの
私にはレベルが高すぎるな…など
いろいろ考えて今回はとりあえず保留に

お買い物マラソンやス
ーパーSALE中は

早く買わないと!と焦ってしまうので 
次までゆっくり考えようと思います
では、
今日も1日お疲れ様でした

[広告] 楽天市場
  • JJ 2017年9月号【電子書籍】
  • UOMO 2017年8月号【電子書籍】[ 集英社 ]
  • 【中古】 人生がどんどんリッチになる「愛されファッション」レッスン とびっきりかわいい私は、世界にとって宝物 /芦澤多美(著者) 【中古】afb
  • UOMO 2017年9月号【電子書籍】[ 集英社 ]
  • MAQUIA 2017年9月号【電子書籍】[ 集英社 ]
  • anan (アンアン) 2017年 6月28日号 No.2058 [2017年後半の恋と運命]【電子書籍】[ anan編集部 ]